Perl言語 求人の傾向

“Perl(パール)は「Practical Extraction and Report Language」の略で、1987年にアメリカのプログラマ、ラリー・ウォールが開発したプログラミング言語です。
PerlはC言語やスクリプトシェルなどの利点を取り入れて開発されているため、表記法がC言語と似ているという特徴があります。
Perlは多機能でかつ短い記述で動作するので開発がしやすく、人気が高いプログラミング言語として広く認知されています。
作成したプログラムはコンパイルを行うことなく即時に実行でき、スクリプト言語の中では高い処理能力を持っており、モジュールで拡張することができ機能が豊富であることが知られています。
Perlは世界中の言語に対応しているという大きな利点があり、日本語にも対応しているため日本語の処理も実行可能です。
コードの作成や修正がしやすく、PerlはPython、PHP、Rubyと並んで軽量プログラミング言語と称されます。
Perl言語 求人では必須条件の中にPHP、Ruby、MySQLと並んでPerlが含まれていることが多いです。
Perlは同じ軽量プログラミング言語であるPHPとどちらが優れているかと比較されることが多く、どちらにもメリット・デメリットがあるためどちらの言語が優れているとは一概には言えませんし、求人の中にはPerlまたはPHPができるエンジニアが条件となっていることも多く、両言語とも優劣つけがたいのが現状です。

ソーシャルアプリ(SAP)業界 求人

ソーシャルアプリケーション(ソーシャルアプリ:SAP)は、TwitterやFacebookなどSNS上で動くアプリケーションを指し、例えばSNS上のゲームはソーシャルゲームと呼ばれます。
最近では無料通話・メールアプリのLINEが大ヒットし、「LINE POP」や「LINE バブル」などLINEと連動したソーシャルゲームも登場しています。
ソーシャルアプリはゲームだけでなく、占いや懸賞といったアプリも存在し、掲示板やチャットができるアプリもあります。
ソーシャルアプリ(SAP)業界 求人ではアプリ開発の技術や知識が求められるわけですが、外部で動作するAPI(アプリケーションプログラミングインタフェース)を使用するため、エンジニアにはAPIについての知識も必要となります。
ゲームもパズル系、コレクション系、育成系、スポーツ系、恋愛シミュレーション系などカテゴリは細かく分類されます。
最近ではスマートフォンアプリでポイントを貯めたり懸賞に応募したりするユーザーが増えているため、懸賞系のソーシャルアプリも人気があります。
どんどん新しいスマートフォンアプリ・ソーシャルアプリが開発されているとは言え、まだまだ参入の余地はあります。
スマートフォンが普及してまだ何年も経っていないので、これからまだまだソーシャルアプリ(SAP)業界 求人数は伸びていくでしょう。
ひとつのジャンルの技術に特化したエンジニアも必要とされますが、人材不足から様々なジャンルに柔軟に対応できるエンジニアが求めらるようになると考えられます。