人気が高いオンラインゲーム系 仕事

オンラインゲームはインターネットを利用したゲームの総称で、ウェブブラウザでプレイできるゲームはブラウザゲーム、SNS上で動作するゲームはソーシャルゲームと呼ばれています。
ですので一口にオンラインゲームと言っても何をベースにしているのかによって開発手順が異なり、ターゲットとなるユーザーやゲームの性質も異なってきます。
オンラインゲーム系 仕事は非常に人気があり、特に最近はスマートフォンで遊べるソーシャルゲームの需要が高まっていますので、オンラインゲームを作れるエンジニアやプログラマの募集が広く行われています。
テレビゲームよりもパソコンやスマートフォンでプレイするユーザーが増えており、ネット上には様々なオンラインゲームが存在し、各ゲームごとに特徴やアイテム購入にかかる料金が異なります。
最近のオンラインゲームはアイテム課金制が一般的で、ダウンロードやプレイ自体は無料ですがアイテムやガチャを回すには課金が必要となります。
定額課金制のオンラインゲームもあり、いずれにしてもソフト購入時のみに料金が発生する従来のテレビゲームとは異なる料金制度を持っています。
ブラウザゲームはパソコンでプレイするのが主流なのでグラフィックにこだわっていたり難易度が高いものもありますが、ソーシャルゲームは比較的手軽にプレイができるものが多く、高い難易度は求められておらず、空き時間など短時間でプレイできるレベルのゲームが求められています。
ブラウザゲームとソーシャルゲームでは求められる内容が異なるため、ユーザーにニーズに合わせた開発が必要となります。

オンラインゲーム系の仕事に関してはこちらのサイトが詳しいです。
オンラインゲーム系 仕事

ソーシャルアプリ系 仕事

ソーシャルアプリ系 仕事としてはアプリ開発が主流です。
Facebook、MySpace、Twitter、mixiなど大手のSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)でソーシャルアプリが導入されており、SNSの普及に比例してソーシャルアプリのユーザーも増加しています。
個人で使用するアプリケーションとは異なって、ユーザー同士のつながりがあるのがソーシャルアプリの大きな特徴です。
ソーシャルアプリは大きく分けて、ゲーム、ツール系、その他に分かれており、ゲームの中でもパズルゲーム、テーブルゲーム、シミュレーションゲーム、育成ゲーム、コレクションゲームなどに分かれています。
ツール系では掲示板・チャット系、知識・情報系、便利ツール系などに分かれ、その他のカテゴリでは占いや懸賞ができるアプリがあります。
ガラケーではアプリは使用できませんでしたが、スマートフォンが主流になってアプリが使用できるようになり、ソーシャルアプリを含めどんどん新しいアプリが作られています。
新規でアプリ事業に参入する企業も多く、アプリは今やビジネスには欠かせない存在となっています。
多くのユーザーを抱えるソーシャルアプリはたくさんありますが、まだまだ参入する余地がありますし、スマートフォンアプリはまだ発展途上にあるので、エンジニアとしてこれからアプリ開発に着手しても全然遅くありません。
すでにアプリ開発のスキル・知識があるエンジニアは、転職市場でとても重宝されます。

ソーシャルアプリ系の仕事についてはこちらのサイトが詳しいです。
ソーシャルアプリ系 仕事

C++の求人需要と求人内容

IT系の求人ではC、およびC++を扱えるエンジニアの募集が多く見受けられます。
PHP、Perl、Rubyなどのスクリプト言語の需要と人気が高まっていますが、ネイティブ言語としてCやC++は依然として人気があり、開発現場では欠かせないプログラミング言語として広く使われています。
C言語と同様にC++の求人需要は高く、応募条件ではC言語だけでなくC++の経験も同時に挙げている求人が多いです。
C++の求人内容は企業によって様々で、アプリケーション開発エンジニア、ゲームエンジニア、WEBシステム開発エンジニア、パッケージ開発エンジニアなど募集要件は幅広いです。
C++を条件に挙げている求人ではアプリ開発やゲーム開発に関する求人が多く、スマートフォンアプリ開発を手がけている企業ではObject-Cも開発環境に挙げています。
C++もObject-CもC言語をベースにしているため、C、C++、Object-Cのいずれの言語もできればかなり強みになります。
Javaも人気が高いプログラミング言語ですが、C、C++を使って開発している企業は多いので、C++の求人数は多い方ですし、WEB系のシステムエンジニア求人ではC++を扱える人材を求める傾向があるので、求人は探しやすいと言えます。
Java、PHP、Perl、Ruby、Pythonなど他のプログラミング言語を取り入れる企業も多くなっていますが、C++は現在も高い需要を持つプログラミング言語です。

C++の求人需要はこちらのサイトに詳しく書かれています。
C++の求人需要

iPhoneアプリ開発 仕事 種類と仕事内容について

iPhoneアプリ開発 仕事 種類は企業が請け負っているアプリの種類によります。
一口にアプリと言ってもゲームアプリ、電子書籍アプリ、英語などの学習・教育アプリ、ヘルスケアアプリ、仕事効率化アプリ、写真・ビデオアプリ、SNSアプリ、ニュースアプリなどなど、多様なアプリ開発が求められます。
求人を出している企業がどんな種類の自社開発のアプリを手がけているのか、クライアントからどんなジャンルのアプリを請け負っているのかによってアプリ開発や仕事内容が変わってきます。
アプリをリリースしてもiOSがアップデートするたびに最新バージョンに対応しなければならないため、アプリの管理・運用も仕事に含まれます。
入念にテストをしていてもバージョンアップの際に思わぬトラブルや不具合が起こることもあり、ユーザーからの不具合の改善要望に対応するのもiPhoneアプリに関わる仕事のひとつとなります。
iPhoneアプリの求人では主に企画・開発を業務内容として募集されており、企画の段階から開発を進められるエンジニア・プログラマが求められています。
個人開発の経験しかなくても応募可能な求人もあり、実務経験の有無を問わずアプリを開発・リリースした経験のある方を求めています。
IT業界ではエンジニアやプログラマに実務経験が求められることが多いですが、iPhoneアプリの開発の歴史がまだ浅いため人材が少なく、未経験でも充分に就職・転職できるチャンスがあると言えます。

iPhoneアプリ開発の仕事の種類に関してはこちらのサイトが詳しく解説しています。
iPhoneアプリ開発 仕事 種類

LAN 求人(ネットワークエンジニア)

LAN 求人を出している企業は、ネットワーク構築などインフラ設計・構築ができるエンジニアを求めています。
パソコンは有線LAN、または無線LANで接続しないことにはインターネットに接続できないため、LAN接続は必須業務となります。
最近では無線LANが主流になっていて、無線でネットワークを構築できるエンジニアが求められています。
LAN 求人を見てみるとネットワークエンジニアというポジションでの募集が多く、ネットワーク・インフラエンジニアと表記している求人も多数みられます。
インフラというのはシステムの根幹を支える基盤となる設備であるため、ネットワーク接続を担当するネットワークエンジニアはインフラエンジニアと呼ぶこともできますね。
LANというのは「Local Area Network(構内ネットワーク網)」の略称で、オフィスなど建物内や施設内にある機器同士をネットワークで接続するのが基本ですが、WANという言葉もあります。
WANは「Wide Area Network(広域ネットワーク網)」の略称で、オフィスなど建物内にとどまらず、郊外、県外など広い範囲でのネットワークを指します。
ネットワークエンジニアはオフィス内のLAN接続を求められるため、WAN接続はまた別の求人案件となります。

LANの求人はこちらのサイトが詳しいです。
LAN 求人

将来性の高いプログラミング言語・Pythonの求人需要

PythonはPHP、Perl、Javaといったと並んで主要なプログラミング言語として人気があるため、Pythonの求人需要>は一定数あります。
一昔前だとPythonを扱えるエンジニアやプログラマは少なかったですが、プログラミングがしやすく読みやすいプログラミング言語としてPythonを選ぶエンジニアが増えています。
Pythonはパワフルかつ高速なプログラミング言語であるため、WEBアプリケーションを開発するのに向いており、PythonはWindows、Linux/Unix、OS/2、Mac、AmigaといったOSで使用することが可能であるため、OSを選ばない開発ができます。
PythonをメインとしたWEBサービス開発をしている企業もあり、WEBアプリエンジニアやサーバーサイドエンジニアとしての需要があります。
主に海外でPythonを利用した開発をする企業が増えており、日本ではまだ発展途上の段階にありますが、保守性が高く、開発生産性にも優れているためPythonを取り入れる企業も増えています。
コードが読みやすいので他の人が書いたコードでも解読しやすいというメリットもあります。
WEB開発の求人ではJava、C、C++、PHPなどが多くみられますが、海外および日本で需要が高まっているPythonの求人需要はこれからさらに高まっていくと思われます。
Pythonはこれからの伸びしろがある、将来性の高いプログラミング言語ということになります。

Pythonの求人需要については、こちらのサイトが詳しく解説しています。
Pythonの求人需要

VBの求人需要について

VBで作られたアプリケーションはたくさんあり、C言語やJavaなどに負けず劣らずの需要を持っています。
VBの求人需要は常にあり、VB.NETを扱えるエンジニアを求める求人も多数あります。
VB.NETはMicrosoft .NET Frameworkで動作するプログラムを開発するためのプログラミング言語で、Visual Basic .NETを略してVB.NETと表記されます。
従来のVBの仕様とは異なる部分があるため、VBからVB.NETに移行しにくいという壁はありますが、Visual Basic 2005以降でVBの機能を一部取り込むなど移行しやすくなっています。
就職・転職を考えた時に、VBだけではなくVB.NETも扱えた方が有利になりますので、VB・VB.NET経験者は企業にとって欲しい人材と言えます。
VB.NETは初心者でも使いやすいプログラミング言語と言われているため、何かしらのプログラミング言語を身に付けていて、プログラミング言語に慣れている方は習得にそれほど苦労はしないかもしれませんね。
話をVBに戻すと、VBはMicrosoft社が開発したプログラミング言語であるため、Microsoft社の製品との親和性が高いという特徴があります。
VBをベースに開発されたVBA (Visual Basic for Applications)は、Microsoft Officeシリーズ上で動作するなど同社製品と深く関っています。

VBの求人需要についてはこちらのサイトが詳しいです。
VBの求人需要

HTMLコーダー 求人とWEBデザインの関係

HTMLコーダーはHTML(XHTML)やCSSを用いてWEBサイトを構築する役割を担う職業で、WEBデザイナーがデザインしたWEBサイトをブラウザで表示できるようにコーディングを行ないます。
HTMLコーダーはWEBサイトを構築した後もサイトの更新や保守を行うことが多く、構築だけでなくサイト管理が仕事になる場合も多いです。
HTMLコーダー 求人を見てみるとWEBデザイナーとセットで募集している求人も多く見受けられます。
大きなプロジェクトではWEBディレクター、HTMLコーダー、WEBデザイナーなどそれぞれ役割を分担されますが、HTMLコーディングとWEBデザインの両方ができる人材を求めている企業も多いです。
HTMLコーダーがWEBデザインも手がけているというプロジェクトが多いため、WEBデザイナーを兼任しているHTMLコーダーも多く、就職・転職の幅を広がるにはWEBデザインもできた方が有利になります。
WEB関係の仕事は実務経験がある方が有利ですが、HTMLコーダーの仕事は未経験でも可能として求人もあるため、実務未経験者でも入社することは可能です。
実務未経験の場合は自分で作成したサイトをポートフォリオとしてまとめ、どれぐらいできるのかを示す必要があります。
ポートフォリオを作っていないとアピールする部分が少なくなるので、採用してもらうには厳しくなります。
WEB製作会社でサイト運営を行った経験がなくても、自社のWEBサイトの管理や更新も立派な経験になります。

HTMLコーダーの求人はこちらのサイトに詳しく書かれています。
HTMLコーダー 求人

PHPのフレームワーク・cakephp言語 求人

cakephpはサーバーサイド・スクリプト言語のPHPで書かれたWebアプリケーションフレームワークで、オープンソースとして配布されています。
cakephpを使うことでPHPの開発を効率よく行うことが可能になり、開発のスピードを早めるフレームワークとして人気があります。
PHPをベースにしたフレームワークであるため、PHPも扱えた方がいいですね。
cakephp言語 求人を見てみても、応募資格の中にcakephpと同時にPHPが挙げられている求人が多く、cakephp単体の経験でも応募は可能ですが、元々がPHPをベースにしているのでPHPの開発経験や知識もあった方が就職・転職では有利になります。
PHPでシステムを構築していくよりも、cakephpを用いた方が早く開発ができるので、開発コストの点から考えてもcakephpを扱えるエンジニアは企業にとって有益な人材と言えます。
PHPを扱えるエンジニアならcakephpも問題なく扱えると思います。
PHPのフレームワークにはcakephp以外に、CodeIgniter、Zend Framework、Symfony、Kohana、FuelPHP、Ethnaなどがありますが、cakephpはシンプルなフレームワークなので扱いやすいため個人・法人を問わず広く利用されています。
素早い開発を可能にするPHPフレームワークとして人気が高いので、cakephpを扱えるエンジニアはPHPを求人に応募する際に有利になるでしょう。

cakephp言語の求人の詳細はこちらのサイトに詳しく掲載されている。
cakephp言語 求人

Perl言語 求人の傾向

“Perl(パール)は「Practical Extraction and Report Language」の略で、1987年にアメリカのプログラマ、ラリー・ウォールが開発したプログラミング言語です。
PerlはC言語やスクリプトシェルなどの利点を取り入れて開発されているため、表記法がC言語と似ているという特徴があります。
Perlは多機能でかつ短い記述で動作するので開発がしやすく、人気が高いプログラミング言語として広く認知されています。
作成したプログラムはコンパイルを行うことなく即時に実行でき、スクリプト言語の中では高い処理能力を持っており、モジュールで拡張することができ機能が豊富であることが知られています。
Perlは世界中の言語に対応しているという大きな利点があり、日本語にも対応しているため日本語の処理も実行可能です。
コードの作成や修正がしやすく、PerlはPython、PHP、Rubyと並んで軽量プログラミング言語と称されます。
Perl言語 求人では必須条件の中にPHP、Ruby、MySQLと並んでPerlが含まれていることが多いです。
Perlは同じ軽量プログラミング言語であるPHPとどちらが優れているかと比較されることが多く、どちらにもメリット・デメリットがあるためどちらの言語が優れているとは一概には言えませんし、求人の中にはPerlまたはPHPができるエンジニアが条件となっていることも多く、両言語とも優劣つけがたいのが現状です。

Perl言語の求人についてはこちらのサイトに詳しく書かれています。
Perl言語 求人